< 5月, 2013 | 東京都港区六本木の税理士、会計事務所 中島祥貴税理士事務所 - Part 2

5月, 2013年

出張中に観光をした際の出張旅費の経理処理 【法人税節税】

2013-05-29

Q71 社長が取引先との契約締結のためにロンドンへ出張に出かけました。9日間の出張中(現地滞在7日間)5日間は仕事ですが2日間は1人で観光をしました。この場合の出張旅費の経理処理はどのようにすればよいでしょうか。なお、出張関連費用は合計で、45万円(往復航空券代30万円、ホテル滞在費用10万円、観光代5万円)ですが、会社が全額を旅行会社に振り込みました。

A71 今回の出張の目的が取引先との契約締結という業務を遂行するためのものなので、往復航空券代30万円、ホテル滞在費用10万円の合計40万円については、その全額を法人の費用として計上することは問題ありません。
 しかし観光代5万円は社長個人が負担すべきものですから、この5万円は役員貸付金などと経理処理して社長から返金してもらう必要があります。
 個人負担部分を旅行交通費として損金経理すると役員賞与となります。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

代表取締役の社葬費用と香典の取り扱い 【法人税節税】

2013-05-28

Q70 当社の代表取締役が亡くなりました。このたびその功績に鑑みて社葬を執り行うことになりました。そこで、この社葬費用は損金計上が認められるのか。また、会葬者からの香典等は全額を遺族に渡す予定ですが、一度会社の益金に計上する必要がありますか。

A70 その社葬を行うことが社会通念上相当と認められるときは、葬儀に通常要する金額は、その支出した事業年度の損金の額に算入することができます。
社葬が社会通念上相当であるかどうかは、死亡した人の死亡の事情や生前におけるその会社に対する貢献度合等を勘案して判断します。
 また、会葬者が持参した香典等を遺族に渡したときは、会社はこれらを収入に計上する必要はありません。 なお、密葬費用や墓石・仏具等の購入費用だけでなく香典返戻費用は、社葬のために要する金額に含めません。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

高級飲食店での取材経費は交際費? 【法人税節税】

2013-05-28

Q69 雑誌の取材で座談会。場所は高級飲食店。食事をしながら対談をしてもらい、その様子を取材して記事にし、雑誌に掲載する企画をしたのですが、この飲食代は交際費等になりますか。

A69 今回の場合は、交際費等には該当しません。交際費等とは、事業の関係者に対しての接待や供応等を行うために支出する費用のことをいいますので、たとえ飲食に係る費用であっても、取材に際して通常要するものとして提供された飲食関係にかかわる経費は交際費に該当しないことになります。
 新聞、雑誌等の出版物または放送番組を編集するために行われる座談会その他記事の収集のため又は、放送のための取材に通常要する費用は、交際費として取り扱う必要はありません。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

一次会と二次会を連続で行なった場合の飲食費の判定 【法人税節税】

2013-05-28

Q68 先日、得意先を接待したときに、一次会と二次会を続けて行いました。ところで、得意先を接待した場合であっても、1人あたり5,000円以下であれば交際費等には当たらないとのことですが、今回の場合はどのように処理すればよろしいでしょうか。

A68 一次会と二次会を連続して行った場合でも、それぞれの行為が単独で行われたと認められる場合には、それぞれの行為に係る飲食費ごとに5,000円基準の判定を行います。
 単独で行われたかどうかは基本的には支払先の異なるごとに判定を行うことになります。基本的には、一次会と二次会の支払い先が異なった場合には、分けて判定すると考えてよいでしょう。
 1人あたり5,000円以下であれば交際費等に含めなくてよいとの取扱いは、得意先や仕入先などの外部の者と飲食した場合に適用されます。
 しかし、法人内部の人達だけで飲食した場合や、贈答に係る費用については、この規定の適用はありません。
 また、規定の適用を受けるためには、その飲食に要した金額と、参加人数だけでなく、利用したお店の名前や接待した人の氏名等も記載した書類を保存しておく必要があります。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

「会社役員賠償責任保険」の保険料は給与課税になるか? 【法人税節税】

2013-05-28

Q67 わが社では、「会社役員賠償責任保険」の加入を検討しています。保険料は、全額会社が負担する予定です。この保険料について給与課税は行うことになりますか。

A67 基本契約部分には給与課税の必要はありません。ただし、株主代表訴訟等の特約部分に係る保険料については給与課税の必要があります。
 「会社役員賠償責任保険」は、第三者から役員に対して損害賠償請求があった場合に、役員が損害賠償責任を負う危険を回避するものであり、役員に違法行為がない場合に保険金が支払われるものであり、この部分は基本契約(普通保険約款部分)の保険料ですので、この保険料について会社が負担しても、給与課税する必要はありません。
 しかし、株主代表訴訟については、会社役員が敗訴した場合に、会社が保険料の全額を負担していると問題があるため、株主代表訴訟担保特約(特約保険料)の保険料は、役員に対して経済的利益の供与があったものとして、合理的な基準により分担することが必要で、給与課税を要します。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

土地を交換する際にかかる建物の取り壊し費用の取り扱い 【法人税節税】

2013-05-28

Q66 駐車場として利用していた土地を交換することになりました。しかし現在、こちら側の所有する土地には、古い倉庫が建っています。そこで、この建物を取り壊しての交換が条件となりました。この「建物の取り壊しにかかる費用」は、どのように取り扱えばよいのでしょうか。

A66 取り壊す予定の建物の簿価とその建物の取り壊しにかかる費用は、その交換に係る譲渡経費として取り扱えます。
 建物が建っている土地を交換する場合に建物を取り壊すときは、その建物の帳簿価格や取壊費用は、その交換にかかる「譲渡資産の譲渡に要した経費の額」として、取り扱います。その他にも、建物に賃借人がいる場合、賃借人に対して支払う立退料や、仲介手数料、荷役費、取外費、運送保険料等の支出も含まれます。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

前々期の修正申告書の修正における前期申告書の取り扱い 【法人税節税】

2013-05-27

Q65 先日、税務調査にて「前々期の修正申告書」を提出することになりました。前期に計上した収益の一部について、「前々期の収益に計上するべきである」との指摘を受けたからです。
 このような場合、「前期の申告」は、どのような対処をするべきでしょうか。

A65 前々期の修正申告書を提出した日の翌日から2月以内に、前期申告に係る更正の請求書を提出することにより、過大納付額の還付を受けることができます。
 修正申告書を提出した場合で、その申告書を提出することによってその後の事業年度の法人税の額が過大であると判明したときは、前々期の修正申告書を提出した日の「翌日から2ヶ月以内」に限り、前期申告に係る更正の請求書を提出することができます。ただし、修正申告書を提出した日の記載が法定要件になっていることに注意してください。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

従来から使用している車両にカーナビを取り付ける際の会計処理 【法人税節税】

2013-05-27

Q64 当社では、従来から使用している車両にカーナビゲーションシステム(取得価額36万円)を取り付けることにしました。このカーナビゲーションシステムは器具備品として処理すればよろしいでしょうか。
 また、この車両は来年買い替えを予定しているので、このカーナビゲーションシステムを新車両に付け替える予定ですが、その際どのように処理したらいいでしょうか。

A64 カーナビゲーションは本来車両と一体として使用するものですので、それを従来から使用している車両に搭載することはその車両の価値を高めることになります。
 このことから、その搭載に要した費用はその車両に対する資本的支出に該当することになります。したがって、カーナビゲーションに係る減価償却費の計算は、搭載した車両の耐用年数をもとに行うことになります。
 また、来年新しい車両にカーナビゲーションを付け替える場合は、このカーナビゲーショを中古資産として扱うのではなく、その未償却残高を新車両の取得原価に加算して減価償却計算を行います。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

新社屋が完成の式典の神主の神事、簡単な飲食、参加者全員に記念品の贈呈等の費用処理 【法人税節税】

2013-05-27

Q63 このほど、当社の長年の懸案だった新社屋が完成いたします。つきましては新社屋の落成記念式典を得意先や仕入先を招待して開催する予定です。
 式典は神主の神事、簡単な飲食、参加者全員に記念品の贈呈等を行うことになっています。
 これらの費用処理を教えて下さい。

A63 落成記念式典時の宴会費用等の飲食や記念品の費用については交際費処理となります。
 落成記念式典を社内のみで執り行い、簡単な飲食程度を供する場合はその費用は福利厚生費等として全額損金計上が認められます。
 しかし、得意先や仕入先も招待するということになりますと、式典の費用そのものは損金に計上できますが、飲食費や記念品の作成費用は交際費として取り扱われます。
 なお、この落成式にかかった費用はその新社屋の取得原価には含めないことができます。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

土地を購入後、中古建物を取り壊す際の処理 【法人税節税】

2013-05-27

Q62 当社では土地を購入するにあたり、中古建物が建っている物件を購入することにしました。この建物は使用する予定がないため、購入後すぐに取り壊すつもりです。
 この場合、この建物の処理はどのようにすればいいでしょうか。

A62 この建物の購入費用と取り壊し費用は、その土地の取得費に算入しなければなりません。
 減価償却資産の取得原価はその資産の購入代価のみならず、その資産取得に要した付随費用や事業の用に供するために直接要した費用の額も含まれます。
 本件は土地建物を取得したのですが、当初からその敷地である土地を利用する目的のために建物を取得し、概ね1年以内にその建物を取り壊すということですので、その中古建物の取り壊し時における帳簿価額とその建物の取り壊しに要した費用は、その土地の取得原価に算入されることになります。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

« Older Entries Newer Entries »
採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.