< 食事と食事手当の両方を支給する場合の課税関係【源泉所得税節税】 - 東京都港区六本木の税理士、会計事務所 中島祥貴税理士事務所

食事と食事手当の両方を支給する場合の課税関係【源泉所得税節税】

2014-03-04

Q.当社では、福利厚生の一環として給食制度を設けることにしました。
 当社は、全従業員に月額7,000円の食事を現物で支給し、従業員から3,500円を徴収しますが、従業員の手取給与を減らさないように同額の3,500円の食事手当を支給することにしたいと思います。
 この場合の課税関係はどのようになるのでしょうか。

A. お尋ねの場合、食事手当の3,500円については、いわゆる金銭給与ですからその全額が課税の対象とされます。食事の現物給与については、食事代の半額を従業員が負担しており、かつ貴社の負担額は3,500円以下となりますので、食事の支給による経済的利益(現物給付)はないことになります。
 この場合、貴社の経理処理は、次のようになります。

① 3,500円の食事手当を支給する
(借方) 給    料 3,500円    (貸方) 現   金 3,500円

② 食事代3,500円を徴収する
(借方) 現     金 3,500円   (貸方) 食事材料 7,000円
     福利厚生費 3,500円

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.