架空『人件費』はどうやって調べる!?【税務調査】

2019-10-10
税務調査における
『人件費』のポイントは、

主に以下の4つです。


1、タイムカード(出勤簿)、給与台帳などの帳簿類
2、業務日誌などの原始記録
3、不審な人物に対する役所への問い合わせ
4、周辺社員への聞き取り調査


これらを
詳しく
見ていきましょう。


まずは、
1のタイムカードなどの
帳簿類の確認です。


基本な作業として、

まずは
厚生年金の加入者一覧表や
年金手帳の
提出を求めます。


次に、
過去1〜2年分の
タイムカードを
全員分集めます。


経営者には、

社内の配置図に
全社員の氏名を
書き出してもらい、

普段の仕事の流れ、
担当業務など

細かく
説明を求めます。


こうして、
社員を
ひとりひとり

年金手帳や
タイムカードと

照合していくのです。


この際、
タイムカードの押された時間が
何名も同じであったり、

出勤簿が
やたらと
奇麗なものは、

偽造された
可能性が高く
追及の対象になります。


2の業務日誌などの
原始記録を
確認します。


タイムカードなどは、
調査に入れば
必ず確認する書類です。


細工を
施しているかもしれないと、

調査官も
十分警戒しています。


しかし、
業務日誌や
お客様名簿は、

見られることを
想定していませんので、

ここから
架空の社員の実態を
明らにすることもできます。


「営業回りでほとんど会社いない社員A」
と経営者から
説明受けたものの

日誌には
その行動の記録がない、

担当顧客が
全く記載されていないとなれば、

その存在は
疑わしくなります。


ここで不審社員Aを
調べるために、

3の役所へ
問い合わせを行います。


当然、
実在している
人物であれば

住民登録が
なされています。


住民税や
社会保険料も
支払われているハズです。


アルバイトや
パートの社員の場合、

会社の所在地から
かなり遠方に
住んでいるなどは、

架空人物ではないか?
と疑いの目を
向けます。


1、2、3と
段階を追って
調べてきたが、

不正が
見つからなかった。


なぜなら
経営者が
知人などに
謝礼を払い、

依頼しているケースも
あるからです。


そう言った場合は、
周囲の社員から
聞き取り調査をかけます。


勿論、
「営業社員のAさんは、どんな人?」
とストレートに
聞いたりはしません。


「最近はお忙しいですか?」
など適当な世間話から始まり

「飛び込み営業などもするんですか?大変ですね…」

「新規顧客の開拓は?代金の回収は?」

と広範囲に
会社全体の情報を
収集します。


いよいよをもって
社員Aの活動実態が
無いと
確証を得れば、

「架空の人件費を計上してますよね?」
と経営者を
突き詰めるワケです。


昨今では、
手口が
巧妙化してきているだけに、

調査も
厳しくなっています。


小さい企業であれば、

タイムカードはおろか
業務日誌もない会社もあります。


『人件費』の脱税は、
毎年上位に登場する項目だけに、

疑いの目を向けられぬように

以上のポイントには
十分に注意を払って下さい。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.