領収書がないと経費にならないのか!?保存は何年必要?【税務調査】

2021-01-19
今日は、
会社が保存すべき書類、
保存期間について

税務上、
注意すべき点について
説明していきます。


「領収書がないと、経費で落ちないですよ」
経理担当者から
言われるであろう言葉です。


領収書などは
法人税法上、
「帳簿書類」の一部として
保存が求められます。


また、
消費税法上も領収書の保存を
求めており、

領収書の保存がない場合、
消費税の控除が
できないこととされています。


消費税法上、
請求書等には
以下の事項が
記載されている
必要があります。

"発行者の名称、
 受取人の名称(宛名)、
 取引年月日、
 取引内容、
取引金額(軽減税率の対象品目である旨、税率ごとの税込合計金額)"													

													
消費税法上は、
レシートであるか、
領収書であるかは
関係なく、

上記の要件を満たしていないものは、
認められません。


例えば、
手書きの領収書で、
宛名が「上様」、
内容が「お品代」とされると、
要件を満たしていません。


一般的に
レシートについては
宛名がありませんが、

例外として、
小売業、飲食業、タクシーなど
不特定多数を相手とする業態については、
宛名の記載は
不要とされています。


では、
領収書のほか、
保存すべき書類はどんなものがあり、
それぞれ何年間保存が必要でしょうか。

根拠となる法律や
保存すべき書類の種類ごとに、
以下の通りです。


「会社法上」
会計帳簿(総勘定元帳、仕訳帳など)									
計算書類(貸借対照表、損益計算書など)									
10年間			
			
「法人税法上」				
帳簿(総勘定元帳、仕訳帳など)									
書類(棚卸表、注文書、納品書、請求書、契約書、領収書など)									
7年間(赤字の年度は最長10年間)"			


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.