従業員「不正」が重加算税になるか、ならないかの基準!?【税務調査】

2021-02-12
従業員が
売上を抜いて
自分の利得にしていたり、

取引先から
リベートをもらっていたような

従業員の「不正」は
会社に重大な過失があり、

重加算税の対象となるのでしょうか?


代表者が、
本来法人に入れるべき収入・金銭を
自分の利得としていた場合、

法人の売上除外+重加算税になるのは
当然なのですが、

従業員不正は
むしろ法人(代表者)が
被害者であり、

かつ税務調査で
初めて知った場合に
重加算税になるのかが
論点です。


国税の内部資料で、
従業員不正で重加算税になるかどうかを
解説した資料がありますので、
一部を転載します。

「課税処分に当たっての留意点」平成25年4月
(大阪国税局 法人課税課)

「従業員であっても、
 会社の主要な業務を任され、
 長期にわたる不正や多額な不正など
 会社が通常の注意をすれば
 容易に発見できる不正行為を
 管理監督しなかったために、
 これを見過ごし、
 結果として
 これを起因とする過少申告が生じた場合には、
 会社の行為と同視することができる。」

「なお、
 管理監督責任の不履行については
 事実関係を立証することが
 困難である場合が多いので、
 不正行為者がどの範囲まで業務を任され、
 当該業務が
 どのようにチェックされていたか等について、
 特に次の(1)から(3)までについて
 関係者に対する
 「質問応答記録書」を作成するなどして
 証拠化しておく必要がある。

(1)重要な事務を担当していたこと
(2)当該従業員に業務を任せきりにしていたこと
(3)法人が何らかの管理・監督をしないまま放置していたこと」


つまり、
税務調査において
従業員不正が発覚した場合に
重加算税と指摘されたら、

上記(1)〜(3)に
該当しないことを
主張することになります。


(1)の反対:一般社員で権限がないこと
(2)の反対:業務の指示・命令をしていたこと
(それに反して従業員が不正を行ったこと)
(3)の反対:法人が管理・監督していたこと


特に、
(2)(3)に共通して重要な論点は、
【法人(代表者)が気付くことができたか】
が挙げられます。


「実際に気付かなかった」
ではなく、

あくまでも
「気付くことができたか」
「努力していたが気付くことができなかった」
が重要ということです。


税務調査で
よくある主張・反論として、

「従業員が勝手にやったことだ」
というのがあると思いますが、

それでは
主張論拠として弱く、

法人側として、
「従業員が不正をしないように努力していた」が
「従業員がそれを超えて不正した」
と主張することが
必要になってきます。


なお、
上記国税内資料でも
挙げられている
裁決事例は下記になります。

「請求人の従業員の行った不正経理行為は、請求人の行為と同一視されるとして、重加算税の賦課決定処分を認容した事例」
http://www.kfs.go.jp/service/JP/69/03/index.html


この公開裁決では重加算税の判断基準を

1 従業員は請求人の経理事務を担う重要な地位にいたこと
2 不正経理行為は請求人の課税申告に直接反映していること
3 不正経理行為は長期に及び、現金出納帳などの確認をすれば容易に把握できたと認められる
4 法人はそれらの確認を行っていないこと

の4つを総合勘案としています。


ぜひ併せて内容を確認してください。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.