質問応答記録書への署名押印を拒否しても事実を認めたとされる可能性が!?【税務調査】

2021-08-12
税務調査で
質問応答記録書への
署名・押印を求められることがあります。


この場合、
納税者が署名・押印を拒否した場合は、
どのようなことになるのかについて
解説していきます。


納税者が署名・押印を拒否した場合は、
次のように
執り行うことと
署内の規定内で
決まっています。


「かかる説得をしても、
 なお回答者が署名・押印を拒否した場合は、
 署名・押印を予定していた箇所は空欄のままにし、
 奥書において
 回答者が署名・押印を拒否した旨
 (可能な限り、本人から拒否理由を聞き出してそれも付記すべきである。)
 を記載する。

 また、回答者が
 署名・押印を拒否したものの、
 記載内容に誤りがないことを認めた場合には、
 その旨も記載する。

 回答者の署名・押印が得られなかった
 理由・経緯等で
 特記すべき事項があれば、
 その旨を記載した
 調査報告書を作成する。」


「奥書」とは、
官公署において、
当該書類(文書)に記載された事項が
真正であることを証明するために、
その書類(文書)の末尾に
記載する文章のことを言います。


このように、
署名押印をしなくても
質問応答記録書を読み、
その内容を
正しいと認めたのであれば、

実質的に認めたと
される場合もあります。


ですから、
調査官が質問応答記録書を
持ち出してきた段階で、

●そもそも文書を読まないこと
●調査官が読み上げることを拒否する
●内容が正しいかどうかなどを言わない

という対応が大事になります。


読ませる・読み上げるという
行為自体を
拒否しても問題ありません。


質問応答記録書とは
国税が
事実認定するための文書であって、

質問検査権の範囲内ではないので、
強制ではなく【任意】です。


質問応答記録書への
署名押印を拒否する
対応まではできていても、

実質的に
口頭で認めてしまっている行為も多いので、
注意してください。


質問応答記録書への署名・押印を求められた際に、
口頭でその【内容が正しいと認めたうえで】
署名押印に拒否した場合、

調査官が「奥書」や「調査報告書」にその旨を記載することで、
結局は納税者が(仮装・隠ぺいを)認めたと
事実認定することもできるのです。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.