担保設定してある融資残額の貸倒処理 【法人税節税】

2013-06-03
Q83 当社は取引先に、その会社が保有している不動産を担保に、融資をしました。しかしその後取引先は、著しく経営状況が悪化したため、事業活動を停止してしまいました。  そのため、当社からの融資資金の残債の返済が停止してしまいました。  当社としては、担保設定してある不動産の評価額を超える部分の融資残額については、当期の決算に貸倒処理したいと考えていますが、そのような処理は可能でしょうか。 A83 担保物処分後でなければ貸倒処理はできません。  債権の回収不能が明らかになったのであれば、その日の属する事業年度において、その債権の備忘価額を残した残額を、貸倒れとして損金に計上することができます。  しかし、債権に担保設定されている場合はその担保物を処分してからでないと、貸倒処理することはできません。 港区六本木の中島祥貴税理士事務所 〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階 0120-535-114(平日9:00~18:00)
個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

補助金申請支援サービス

事業再構築補助金

小規模事業者持続化補助金

ものづくり補助金

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.