Posts Tagged ‘節税’

固定資産税の課税標準額が改訂された場合の賃貸料相当額の改算【源泉所得税節税】

2015-01-26

Q.  社宅等の「貸借料相当額」の計算については、建物や敷地の固定資産税の課税標準額が計算の基礎とされている場合がありますが、固定資産税の課税標準額が改訂されれば賃貸料相当額の改算が必要ですか。

また、固定資産税の課税標準額はどのようにして知ることができるのでしょうか。

A.  社宅や寮等の賃貸料相当額は、固定資産税の課税標準額を基に計算されていますので、その課税標準額が改訂されれば、それに伴って社宅や寮等の賃貸料相当額も当然変わってくるわけです。

 したがって、土地又は建物の固定資産税の課税標準額が改訂されたときは、その改訂後の課税標準額に係る固定資産税の第1期の納期限の属する月の翌月分からその改訂後の課税標準額を基として賃貸料相当額を計算します。

 ただし、使用人に対して貸与した社宅や寮等については、固定資産税の課税標準額が改訂された場合であっても、その改訂された課税標準額が現に賃貸料相当額の計算の基礎となっている課税標準額に比して20%以内の増減にとどまっている場合は、強いて賃貸料相当額の改算を要しないことになっています。

 なお、固定資産税の課税標準額は、市区町村に備え付けてある固定資産課税台帳によって知ることができます。

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

CFO 顧問サービス

2014-11-18
あなたの会社のCFO(最高財務責任者)の役割を請負います。

一つでも当てはまったら、あなたの会社にはCFOが必要です!

一つでも当てはまったら、CFOが必要です!CFOチェックシート

◆CFO(最高財務責任者)とは?

経営者の片腕となり、会計や税、投資、資金調達、キャッシュ・フローや経営計画策定などの財務に関する、あらゆる業務執行を統括する責任者です。
企業の財務に関する現状を把握し、豊富な知識と経験をもとに詳細かつ完全な分析を行い、様々な経営判断について経営者へ提案・アドバイスをします。

欧米では、CEO(最高経営責任者)やCOO(最高執行責任者)の右腕というべき存在であり、会計士や経営学修士(MBA)などの資格を有する財務のプロフェッショナルが就任する役職です。

意思決定も企業の成長も早い大企業は、実はCFOの存在が大きく影響しているのです。

◆日本はCFOのコストが高い!

しかし、日本国内の会社では財務部長・財務本部長に相当し、経理・財務部門からの内部昇格によって就任するケースが多く、一人のCFO育成に、多くの時間と経験、コストを要します。
そのため、役職として定着させることが難しいポジションと言えるでしょう。

でも、今すぐ財務に強い責任者を雇いたい!と、経験豊富な外部CFOと顧問契約をしても、そのコストは正社員1名を雇う給与の、 なんと十数倍。
中小企業の経営者にとって、気軽に契約できる顧問料ではありません。

◆あなたの会社の最高財務責任者を請負います!『CFOサービス』

上のチェックリストで一つでも思い当たることがあったら、あなたの企業にはCFOの存在が必要です。CFOが必要なのに、「コストが高い」という理由で諦めないでください。

あなたの会社のCFOを請負います
新入社員の給与と同じコストで、大企業のCFOクラスのサービスを提供します。
迅速かつ的確な経営判断を行い、あなたの会社をさらに大きく成長することができます。

報酬金額:20万円(税別)

「具体的にどんなアドバイスをしてくれるの?」「こんな相談にのってほしいんだけど?」といった疑問・質問も、お気軽にお問い合わせください!
お問い合わせは下記お電話か、こちらのメールフォームからどうぞ!

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー
contactbig_bunner490

短期前払費用で節税できる要件 【法人税節税】

2013-05-15

Q25 今度、節税対策の為、税理士報酬や毎月出している求人広告料を年払いにしようとしていたのですが、調べて見ると等質・等量のサービスでは無いので受けられないと書いてありました。ただ、国税庁のHPで確認してみると上記の内容は書いては無いのですが、何か規定みたいのものがあるのですか?また契約の仕方等で短期前払費用にできるケースがあるのならば教えて下さい。

A25 短期前払費用は、法人税基本通達2-2-14に以下のように規定されております。
「前払費用(括弧書き省略)の額は当該事業年度の損金の額に算入されないのであるが、法人が、前払費用の額でその支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合において、その支払った額に相当する金額を継続してその支払った日の属する事業年度の損金の額に算入しているときは、これを認める。」
 御質問の税理士報酬や求人広告料もこの短期前払費用の通達の要件を満たしていれば、年払の費用として、支払った事業年度の損金算入が認められます。
 短期前払費用の要件を整理しますと、
(1)支払った金額はあくまで1年分に相当するものでであること。仮に何年分かまとめて支払った場合でも損金算入が認められるのは1年分だけで、残額は資産計上しなければいけません。
(2)今期限りではなく、来期以降も継続して年払いとしなければなりません。
(3)今までの契約が月払いになっているのであれば、年払に変更する必要があります。もし面倒であれば、相手方と「契約条件変更の覚書」のようなものを取り交わす必要があります。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

中島祥貴税理士事務所お問合せバナー
採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.