国税、税務署の年度始めは・・・!?【税務調査】

2019-08-09
通常多くの会社は

4月を年度初めとし、
異動があるたったりするため

3〜4月に
バタバタするのが
通常です。


しかし、
国税の年度は
通常の会社とは
少しズレています。


国税の年度初めは
毎年7月10日。


国税内部が
最もバタバタする時期は
6〜7月なのです。


7月10日をもって
調査官は
国税局や税務署に
異動するのですが、

この人事異動の発表は
6月30日に
一斉に行われます。


現場の人間は
6月30日の発表まで

誰がどこへ異動になるのか
全くわかりません。


もし異動先が
自宅から遠くなく
転居をともなわなければ、

前日の7月9日までは
今の税務署で働き、

7月10日からは
異動先の税務署で
働くことになります。


ここで1つ問題が。


調査官には
引継ぎという業務が
ないのです。


例えば、
渋谷税務署から
新宿税務署へ異動になる場合、

7月9日までは
渋谷税務署で働き、

7月10日になったら
新宿税務署に
出勤することになります。


通常引継ぎ期間などがあり、
数日、異動前の税務署に
通ったりするものですが・・・


調査官にはそれがありません。


だから、
もし異動になっても
問題のないように、

人事異動の前に
自分の担当している
税務調査を
すべて終わらせなければ
ならないのです。


統括官からは
余裕をもって
6月中旬には

全ての税務調査を
終了するように
指示が出されます。


そのため、
6月中旬が迫ってくると、
調査官が
強硬な手段に出てくることが
よくあります。


税務調査を受ける際は、
この強硬な姿勢を
どこまで退けられるかが
大事になってくるのです。


この場合に、
税務調査の「落とし所」を
みつける交渉を
する必要があります。


ただ調査官としては、
調査を無事に終わらせたいという
思いもありますが、

最終的には
更正という手段がありますので、
上手く落とし所を見つけることが
必要となります。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.