税務署には相談するな!?【税務調査】

2019-12-17
「この取引ってどう税務判断すればいいの?」


書籍等を調べてもわからない場合、
税務署に
質問に行くことがあります。


しかし・・・です。


・回答にどうしても納得できない

・回答通りに税務処理したが
 税務調査では逆のことを言われて否認された


このような事案があることもまた事実です。


ヒドいケースになると、
「事前に税務署に確認した」
と調査官に主張し、
確認してもらったところ、

「相談に来た事績は残っているが
 回答事績が残っていないため、
 その処理は認められません」

と否認された事案を知っています。


そんな時
使ってほしいのが、

事前照会。


まず、事前照会制度とは、

国税庁のサイトに
概要が載っています。

「税務上の取扱いに関する事前照会に対する文書回答について」
https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/jizenshokai/bunsho/gaiyo01/01.htm


事前照会制度を利用するうえで、
いくつかのポイントがありますので、
列挙しておきましょう。


・申告期限前の照会であること
→ 過去分は照会対象となりません


・仮定(○○したなら)は照会対象になりません


・金額の妥当性や評価については照会対象になりません


・照会内容・回答内容が公表されます
→ 事前照会者名は公表されません。

・3ヶ月以内で処理されるのが原則
→ 申告期限前に照会したが、
  申告期限までに回答がなかった場合は、
  当初申告をいったん提出し、
  その後回答によって、
  修正申告もしくは更正の請求をする必要が
  生じることもあり得ます


事前照会制度を利用する価値があるところは、
文書による回答があることです。


税務署への相談では、
文書による回答もありませんし、

最終的には
「個別性を検討しないとわからない」(一般論での回答)
と言われることもあります。


事前照会の回答を文書で持っていて、
それが税務調査で
否認されるということはないはずです。


税務署への
相談だけで
安心されている方、

これを機会に
事前照会を
検討してみてください。



ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.