税務調査を有利にさせる魔法の言葉!?【税務調査】

2020-05-19
税務調査の手続きに関して、
何が適正なのか?

法的根拠は何か?

反論はどうすればいいのか?


すべてを
その場で正確に判断するのは
難しいです。


つい先日、
調査の前に
元帳のコピーを
税務署に持って帰りたいと
連絡がありました。


そうすることで
税務調査の日数を
減らすことが
できるとのことでした。


これには
税務署に帳簿等を
持ち帰ることを断り、

調査の日数がかかっても
会社で調査を行ってもらうことが
正しい対応です。


調査手続きにおいて
調査官から要請があった場合、

「それは任意ですか?強制ですか?」

とあえて聞いてみることです。


例えば、
調査の中で

質問応答記録書にサインして
提出するように
要請があった場合、

「そのサインは任意ですか?強制ですか?」

とわざと聞いてみるのです。


調査官も
こう聞かれると

当然
「任意です」
と答えざるを得ませんので、

「任意であれば提出しません」
と簡単に
断ることができます。


また、
調査官が
「強制です」
と答えた場合は、

その法的根拠を
聞けばいいのです。


根拠となるものが
提示されれば

それを調べて
本当に強制かどうかを
判断することになります。


「任意ですか?強制ですか?」
は調査手続きの適正性を
担保できる、

汎用性のある言葉ですので、

ぜひ調査現場で
使ってみてください。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.