資料せんやお尋ねは出した方が良いのか!?【税務調査】

2020-06-25
税務署から
資料せんや
お尋ねといった

書類が送られてくることが
あると思います。


これらの資料
提出しなければいけないのでしょうか?


そもそも、
提出した方が良いのでしょうか?
良くないしょうか?


答えは

「提出しない方が良い」

です。


こう断言すると
反社会的だと
思われるかもしれません。


私も
昔は
不正をしていないし、

正々堂々と
税務署に
事実を伝えた方が

お客さんのためになると
思い、

資料せんを
書いていました。


しかし、
資料せんを
書いたからといって

税務調査の
省略にはなりません。


かえって
正しいことを書いていても

相手先が
間違っていると

どっちが
間違っている?
不正をしている?
と誤解を招きます。


では、
資料せんや
お尋ねを出さないと

税務署から
目をつけられてしまうことが
あるのでしょうか?


そんなことは
ありません。


資料せんや
お尋ねは

あくまで
任意ですし、

いちいち
どこに出して
どこから戻ってきたという
チェックは
していません。


資料せんや
お尋ねを
提出することは

マイナスこそあれ、
プラスのことは
ないのです。


それでも
多くの納税者や
税理士は

資料せんや
お尋ねを
提出してくださっています。


役所からの
依頼は
無意識に断らない

日本人の
真面目な性格ですね。


どこまでが
適法で

どこからが
違法なのか。


どこまで
やらなくていいのか?


こういった事実は
世の中には
あまり出回りません。


税務調査に
来てほしくないなら

こういった
知識を身に着けることが
重要です。

ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.