富裕層の申告漏れ最多 コロナで調査減少でも789億円で追徴課税は過去最高!?【税務調査】

2020-12-09
全国の国税局が
今年6月までの1年間に
実施した所得税の税務調査で、

高額な資産などを持つ
富裕層に指摘した申告漏れは
総額789億円に上ることが

11月27日、
国税庁のまとめで分かった。


追徴税額は前年比27.6%増の259億円で、
いずれも統計を取り始めた
2009年以降で最多となった。


富裕層に対する調査は
4463件が実施され、
うち3837件で
申告漏れが見つかった。


1件当たりの追徴税額は、
富裕層以外を含む調査全体では
平均222万円だったのに対し、

富裕層は
2.6倍の581万円に上った。


特に海外投資などを行っていた
富裕層の追徴額は1571万円で、
申告漏れの規模が
大きくなる傾向が見られた。


調査件数は、
新型コロナウイルスの影響で減少した。


富裕層以外を含む調査全体の件数は
43万1000件(前年比29.4%減)で、

うち26万3000件(同29.7%減)で
申告漏れが判明。


総額は7885億円(同12.8%減)だった。


外国為替証拠金取引(FX)やインターネット通販など、
近年増えているネット取引を行う個人に対しては、
総額237億円の申告漏れを指摘。


追徴税額は65億円で、
統計の公表を始めた
15年以降で最多となった。 


コロナで実地の税務調査ができなくなっている一方、
机上調査と呼ばれる
書類やデータからの調査は
増えていることが予想される。


2017年後半から2018年初頭にかけて
価格が急上昇した
ビットコインなどの仮想通貨。


実は
今また価格の上昇が起きている。


このような目立った動きの一方で
実際に税務申告をした人は
ごく僅かであることが
想像できる。


仮想通貨で儲けた人への
税務調査は

来年から再来年がピークと
2年前に予測したことが
現実のこととなる日は
近いかもしれない。


それ以外にも
ネット取引や
外国を使った脱税に近い節税を行っている人も
要注意だ。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.