社内旅行はいくらまでなら課税されないの!?【税務調査】

2020-12-08
会社の社内旅行、
いくらまでなら課税されないのでしょうか?


社員旅行については、
個別通達が定められており、

「4泊5日以内」
「50%以上の参加」で

給与課税しない
と規定されています。



個別通達
「所得税基本通達36−30(課税しない経済的利益
・・・使用者が負担するレクリエーションの費用)の運用について(法令解釈通達)」
https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kobetsu/shotoku/gensen/880525/01.htm

「No.2603 従業員レクリエーション旅行や研修旅行」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2603.htm


しかし、
この中にも
金額基準は明示されておらず、

上記の要件を満たしていても
高額と判断されれば
給与課税されることになります。


これも「日当」と同じで
明確な基準がないわけですが、

一般的に「高額な旅行」の基準は
10万円/人以内
が無難と考えます。


20万円/人以上の費用負担をして
否認されたケースは多く、

例えば平成22年12月17日裁決(その後、東京地裁平成24年12月25日判決・東京高裁平成25年5月30日判決でも敗訴)では、
マカオ2泊3日・241,300円/人となっていますので、
20万円超の社内旅行は
高額と指摘されても仕方ないでしょう。


一方で、
平成3年7月18日裁決では、
タイ3泊4日・183,000円/人が
福利厚生費として
認められています。


しかし、
(株)産労総合研究所のアンケート調査結果を見ると、

海外旅行の費用平均額が
おおよそ10万円程度となっていることから、

10万円程度が
無難という結論です。


また、
「5年に1回の社内旅行だから高額」
というロジックも
難しいでしょう。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.