今年1月からの支払調書の提出方法とその事前準備が大変に!?【税務調査】

2021-07-09
今年の1月提出分の
支払調書の提出義務が
引き下げられています。


支払調書の税務署への提出は
1、e-Tax と
2、光ディスク等
で異なります。


これまでは
支払調書の種類ごとに
前々年の提出すべき支払調書が
「1000枚以上」の場合に

e-Tax又は光ディスク等による
提出が義務付けられていたが、

令和3年1月1日以降の提出からは
この基準が
「100万以上」
に引き下げられました。


例えば
令和元年に提出すべき
給与所得の源泉徴収票の枚数が
100枚以上であれば

今年提出する
令和2年分の給与所得の源泉徴収票が
義務化の対象となり

1、e-Tax 又は
2、光ディスク等
で提出しなければならない。


支払調書を
1、e-Taxで提出する場合、
「電子申告・納税等開始届出書」を
事前に所轄の税務署に
提出する必要があります。


それに加えて
電子証明書の取得等も
必要となるため、
準備を急いだ方が良いです。


2、光ディスク等で提出する場合、
届出の要否は
1、e-Tax 又は
2、光ディスク等による
提出義務化の対象になっているか
否かで異なります。


義務化の対象となっている場合、
届出は不要です。


もし、
令和元年に提出すべき
支払調書が
100枚未満で、
義務化の対象となっていない場合、

「支払調書等の光ディスク等による提出承認申請書(兼)
支払調書等の本店等一括提出承認申請書」を
支払調書の提出期限の
2カ月前までに
所轄税務署に提出し、
承認を受けなければいけない。


つまり、
義務化の対象となっていない状況で
2、光ディスク等で
支払調書を提出しようと思っている場合、
すでに上記申請書が
提出されていなければいけないこととなります。


支払調書などの法定調書は
提出義務はありますが、
遅れたことによる
罰則は特にないので、

義務化の対象となっていない状況で
2、光ディスク等で
支払調書を提出しようと思っている場合、
早めに上記申請書を提出してください。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.