税務署からの郵送物に気をつけろ!?【税務調査】

2021-07-13
世の中が
ネット申請やAIによる手続きに
移行してきていますね。


税務署の手続きや
社会保険の手続きも
電子での手続きにするようにと

半ば強引に
移行する法改正や連絡が
行われています。


そんな中、
昨年8月に設立した会社の
クライアント先に
年末調整の案内や
源泉所得税の納付書が
送られてきたいなかったので

所轄の税務署に
電話しました。


すると
「あー、
6月くらいまでに設立していない会社には
書類は送らないんです」
と言われました。


私の記憶では
10月、11月くらいに設立した会社には
納付書や年末調整の案内が
送られてこないことはありましたが、

6月って
早くないですか?


しかも、
納付書が欲しければ
返信用封筒を送れと
言われました。


そのクライアントは
源泉所得税の納税がなく
「0」での申告だけなのに

用紙は送らないわ
返信用の切手代は出せわ
「0納」なので申請しなくて良いですか
と聞くと申請しろと言われ、

用紙を送ってこない税務署に対して
「0納」なので
罰金もない状態で
送るつもりは
ないと断言すると

「しかたがないので用紙を送ります」
となりました。


そもそも
会社を設立したばかりの人たちが
用紙や案内が送られてこないで
ちゃんと申請ができるとは
思いません。


最近では
電子申告や電子納税、
口座振替を
1度でも行うと

次回から
勝手に用紙が送られてこなく
なっています。


こちらの都合や確認もなく
勝手に電子に切り替えたり

用紙を送ってこない
やり方は
果たして正しいのでしょうか?


以前もお伝えしましたが、
税務署は
個人情報を扱うので
リモートワークは
絶対にできません。


現在の緊急事態宣言、
また、あの人たちは
政府の指示に従い
7割以上の自宅待機をしようと
するでしょう。


皆、大変な中
出勤したり
リモートワークをしたりする中、

仕事もせずに
勝手に書類の送付などの作業の
打ち切りをする
税務署や役所は

絶対に許せません。


別に税務署を
敵視していたわけではなく、

正しいことは正しいという態度で
クライアントを守る姿勢で
いましたが、

昨年からの
コロナに乗じた態度に
完全に税務署に対して
敵視しかありません。


税理士として
法を犯すことは
絶対にやりませんが、

税務調査など
じっくり話ができる時は
人として
どう考え
自宅待機時に何をしていたのか

たっぷりお聞きしたいと
思います。


その際には
皆さんにもお伝えしますね。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.