税務調査で言ってはいけない『ことば』ベスト3とは!?【税務調査】

2019-10-17
税務調査の対応中、

納税者の方が
言ってはならないことを
言ってしまったばかりに、

そこから
トラブルが
発生するケースが

後を絶ちません。


今回のメルマガでは、

税務調査で
言ってはならない
『ことば』を

3つ紹介します。


【 第3位 】:「私は知らなかったもので」

確かに社長であっても

詳細などを
すべて把握していない取引も

あるかもしれません。


しかし社長が

「私は知らなかったもので」

と言ってしまうと、


調査官は

納税者に対して
不信感を抱きます。


「この社長は会社の取引を把握していないんだな」


こう思われると
調査の深掘りが
始まります。


実際には
詳細を知らないにしても、

この『ことば』は
調査官の前で

口に出さないことです。


【 第2位 】:「他の会社もやってるじゃないですか!?」

否認の指摘を受けた際に、

同業他社も
当然に
その経理処理をやっているかのように

反論する
納税者がいますが、

これは禁句です。


この『ことば』は
調査官にとって

「みんなも赤信号で道を渡っているのだから
 自分も渡っていいですよね?」

という意味合いにしか
聞こえません。


【 第1位 】:「でも前回の調査で指摘されませんでしたよ」

前回の調査で

全く問題にならなかったのに

否認指摘を受けなかった…


この『ことば』を
言いたくなる気持ちは

よくわかります。


しかし絶対に言ってはなりません。


法的に言っても、

以前の税務調査で
否認されなかったからといって、

それが

「是認されたものであり、
 かつ遡及的に否認できない」

というものではないのですから。


この『ことば』を言われると、

調査官としては

「では遡ってこの部分も修正しましょう」

としか言いようがありません。


税務調査のときに
大事なのは、

調査官に
余計なことを言って、

調査が長引いたり
深掘りされたりしないことです。


特に

「言ってはならない『ことば』」

は覚えておいて欲しいものです。



ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.