仮想通貨取引、50人と30社で100億円申告漏れ指摘!?【税務調査】

2020-10-20
「仮想通貨取引、50人と30社で100億円申告漏れ指摘」
というニュースが報道されました。


仮想通貨(暗号資産)の取引にからみ、
2019年3月までの数年間に

全国で少なくとも
50人と30社が
総額約100億円の申告漏れを

国税当局から
指摘されたことがわかった
そうです。


以下、転載。


2017年末に
主要通貨「ビットコイン」の相場が
年初の約20倍に高騰しており、

このころに
多額の売却益を得たのに
税務申告しなかったり、

実際よりも
少なく申告したりした
ケースが相次いだとみられる。


関係者によると、
東京国税局の
電子商取引を担当する
調査部門が

昨年、
都内の複数の仮想通貨交換業者(取引所)から
顧客らの取引データの
任意提出を受けた。


同部門はデータを分析し、
多額の売却益を上げたと見込まれる
個人や法人をリストアップ。


札幌から熊本まで
全11国税局と沖縄国税事務所が、
この取引データや
独自に集めた情報に基づき
税務調査し、

個人・法人を合わせて
少なくとも80件、
総額約100億円の
申告漏れを指摘した模様だ。


メルマガでも
仮想通貨取引は申告しないと
税務調査来ますよ、

と再三
お伝えしていましたが、

思ったより
早く調査に踏み切りましたね。


私の予想ですと
来年、一斉に調査に乗り出すと
予測していました。


しかし、
これはまだ
見せしめに過ぎません。


少なくとも80件、
総額約100億円ということは、
1件あたり1億円以上の
利益を出している人たちを
ターゲットにして
調査をすることを示唆したのです。


また、今年になって
仮想通貨の相場が
跳ね上がっています。


全体的に
景気が落ち込んでいる中、

こういった一部の景気のよいところは
必ず狙われます。


そして、
実際の取引記録を
残しているのに

故意に売却益を少なく
見せかけたりしたとして、

重加算税対象になると
罰金だけで納税と
同額になることもありません。


つまり、
所得税の最高税率55%に
仮に50%の加算税が加わると
所得額を超える
納税が発生してくるのです。


今からでも
自己で修正申告をしても
間に合います。


納税漏れの方は
修正申告をすることを
お勧めします。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。
中島祥貴税理士事務所お問合せバナー

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.