2月, 2021年

使用人兼務役員に社宅を貸与した場合の賃借料相当額の計算は?【現物給与】

2021-02-28

Q. いわゆる使用人兼務役員に対して社宅を貸与した場合における賃借料相当額の計算は、使用人社宅として行うのでしょうか、または、役員社宅として行うのでしょうか。

A. 役員社宅として計算することとなります。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

政府管掌健康保険料を当社で負担にした場合の取り扱いは?【現物給与】

2021-02-27

Q. 当社は、政府管掌健康保険の適用を受けている会社ですが、社内規定により、社員負担額を含め全額を当社で負担することにしたいと思います。
 この場合、負担する保険料はどのように取り扱うこととなりますか。

A. 貴社が負担することとなる保険料(本来、社員自身が負担すべき保険料相当額)は、給与所得として源泉徴収の対象となります。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

確定申告宅配サービスは先着3名様に限り3月も受付中です

2021-02-25

現在、新型コロナウィルスの影響で確定申告の提出期限が2021年4月15日までに延長されております。
当事務所では、先着限定3名様に限り3月24日まで受け付けております。
ご郵送は毎年3月31日必着までになります。

詳しくは確定申告宅配サービスをご覧ください。

役員退職の意義とは!?何をもって判断するのか【税務調査】

2021-02-25
税務上問題になる
役員退職金は、

その役員が
本当に退職したと
言えるのかどうかが
問題になります。


退職したと
言えなければ、

そもそも役員退職金を
支給することはできません。


このような場合には、
退職金として
支給したとしても、

賞与として
課税されることになります。


このため、
退職したかどうかが
問題になりますが、

短絡的な事実認定しか
できない国税は、

往々にして、
役員の肩書だけに
注目します。


本来、
退職したかどうかは
実質判断になるため、

勤務実態などを
検討しなければなりませんが、

その検討をすることなく、

退職した役員の肩書きが
「〜事務長」などといった
権限ある名称になっていれば、

未だに経営に
携わっているとして、

退職したとは
認められない、

などといった
指摘をしています。


このため、
実質的に退職していると
主張できるかが

税務調査の
ポイントになる訳ですが、

税務における
退職の意義については、

勤務先からの
離脱を意味すると
説明されています。


役員の再任を
考えていただくと
分かりやすいのですが、

役員の任期は
基本的には
2年とされているものの、

中小企業においては
2年で辞めることなく

再任されて
経営を続けるのが
一般的です。


任期を満了しているのであれば、

一般的な感覚としては
退職金を
支給しても
問題ないはずですが、

再任が
前提となっているのであれば、

勤務先である
自社から
離脱することはありませんので、

単なる任期満了だけでは
退職したとは言えず、

役員退職金を
支給することはできません。


結果として、
会社に
席を置かないことになって
初めて

その役員は
退職したと
言えることになります。


しかし、
再任された
結果は同じでも、

再任が
前提でなければ
退職したと
認められる場合も
あるということです。


過去の事例を見ますと、

1 M&Aによって株主に異動があった会社
2 その新株主の下、経営陣を一掃する目的で旧経営陣が退任
3 諸事情があって後任が決まらなかったため、「やむを得ず」退任日と同日に旧経営者が再任

このような事案がありました。


この旧経営者については、
退任する意向は
すでに新株主に説明しており、

本来であれば
退職していたはずであるとして、

再任はされたものの
役員退職金の支給が
認められています。


すなわち、
本来再任されれば
退職とは
認められないはずですが、

再任が前提ではなく、
「やむをえない」
後発的な事情があったため
再任したのであれば、

勤務先から
離脱をしているとは
言えないものの、

退職金の支給が
認められる
可能性があるのです。


こういう意味からも、
退職の判断には
実質判断が
必要であると言えますから、

単に、
退職した役員の肩書きや
再任したという
事実関係にとらわれることなく、

慎重に判断する
必要があります。


こういったことを
知らない
税務署職員や会計事務所では

多くの払う必要のない
追徴課税や
源泉所得税を
払っているのが
現実です。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

印紙税については弁護士に聞くべき!?【税務調査】

2021-02-22
税理士もよく分かっていない
印紙税について、

近年は
多額の課税がされることもあってか、

税理士ではなく、
法律全般の専門家である
弁護士や行政書士が

印紙税のセミナーを
実施していることが
よくあります。


印紙税は
税でも

税理士業務の対象にならない
とされていることもあり、

印紙税は
税理士ではなく
弁護士に聞くべき
といった宣伝も見られます。


弁護士に
印紙税について尋ねる場合、

押さえておく
必要があるのは、

弁護士が得意とする
民法の用語と
印紙税の用語は

イコールではない
ということです。


具体例を申しますと、

印紙税が課税される
請負契約書の「請負」は、

民法にいう
「請負」とは

一致しない
とされています。


この違いを分かっている
弁護士であれば問題ないですが、

多くの弁護士は
この点理解していないと
考えられます。


というのも、

イコールではない、
というのは
印紙税法を
読んでも分からず、

国税庁のホームページに
こっそり書かれて
あるからです。


国税庁の
ホームページを読むと、

「民法上、例えば、委任契約に近いといわれる混合契約であっても、
 印紙税法上は請負契約となるものも生ずる」

と書かれてあり、
民法と印紙税は
イコールではないことが
分かります。


実際のところ、
印紙税の請負とは、

成果物の有無で判断する
と国税内部で
指導されています。


税法も知らない
国税職員は、

民法などについて
全く知りませんから、

民法の請負になるかどうかに
関係なく、

成果物の有無だけで
判断して課税しますので
注意してください。


ここでいう成果物とは、

仕事の成果として
納品すべきものサービスの
完了時点が明確であるもの

をいいます。


一般的に、
税理士の顧問契約は
請負契約になりませんが、

仮に決算書などを
作成することが
明記されていれば、

仕事の成果として
納品すべきもの(決算書)がある
ということになり、

印紙税の世界では
請負契約として
課税されることになります。


ここで問題になるのは、
成果物と一言で言っても
複雑ですので、

実際のところは
その判断において
かなり多くの経験が必要になる
ということです。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

運送業の社員の掛捨て定期保険料を負担した場合の経済的利益は?【現物給与】

2021-02-21

Q. 当社は、運送業を営んでいますが、業務の遂行上、交通事故の発生が危惧されることから、5年以上勤務した役員及び使用人を対象にこれらの者を被保険者及び保険金受取人とする掛捨ての定期保険契約を締結し、その保険料を負担することとしました。この保険料を負担することにより、これらの者が受ける経済的利益についてはどのように取り扱われるでしょうか。

A. その経済的利益はないものとして課税しなくて差し支えありません。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

退職金の一部としての生命保険契約(養老保険)に関する権利は?【現物給与】

2021-02-20

Q. 当社では、退職金の支給財源として使用人を被保険者、会社を契約者及び保険金受取人とする生命保険契約(養老保険)を締結し、使用人の定年時に保険金の受取人をその使用人に変更の上、退職金の一部に充当することを労働協約に取り入れるべく考慮中ですが、生命保険契約に関する権利はどのように評価したらよいのでしょうか。

A. 支給時(受取人の変更時)における解約払戻金相当額が評価額となります。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

無予告調査の手続きを知り、正しい対応をすることの重要性!?【税務調査】

2021-02-18
今回は無予告調査について書きます。


問題は大きく2つに分けられます。

〇被調査者の対応がマズい
〇税理士の対応がマズい


まず、
税理士・会計事務所が
顧問先に対して

無予告調査に関する情報や知識、
正しい対応方法を
指導していないので、

被調査者は
急に税務署が来ると、

そのまま
調査を受け入れる
ケースが多くあります。


【事前に】
伝えておくべき
「無予告調査の正しい対応」は
下記の3点に要約されます。

1 絶対にオフィス内に入れないこと
⇒オフィス内に入れるとそのまま税務調査が始まってしまいます。
(それを了知したと見做されます)

2 すぐに顧問税理士に連絡すること
⇒無予告調査の場合、調査官が顧問税理士に連絡(正確には事前通知)を
しなければなりません。

3 その場で税務調査の日程を調整すること
⇒ただ単純に無予告調査を断れば、受忍義務違反と言われてもおかしくない
状況になり、より大きなトラブルを招く可能性があります。


税理士・会計事務所が
無予告調査の法的手続きを
知らないがために、

調査官の手続き違反を
いつの間にか
スルーしていることが
ほとんどです。


例えば
「無予告調査であっても事前通知を受ける」
というポイント。


「税務調査手続に関するFAQ(一般納税者向け)」
問21
https://www.nta.go.jp/information/other/data/h24/nozeikankyo/
ippan02.htm#a21

無予告調査は
トラブルになるケースが多いので
「無予告調査の正しい対応」を
心掛けるようにしてください。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

外注費なのか給与なのかの判断の仕方!?【税務調査】

2021-02-16
源泉徴収義務を考えるうえで、
実務上外せない論点として

「外注費か給与か」
があります。


外注費か給与かを
判定するうえで
非常に難しいのは、

違った立場・観点が
混在しているからです。


金銭の授受という
観点で考えれば、

支払った側:外注費か給与か(源泉・消費税)
受け取った側:事業所得か給与所得か

となりますし、

法律上の契約形態で考えると、

雇用契約:給与
請負契約:外注費
委任契約:明確になりづらい

と考えることもできます。


これらも
契約書のタイトルだけで
判断できるわけでもなく、

また契約書がない場合でも
実態で判定することになります。


また、
職業上の捉え方
というのも存在します。


よくあるのが、
医者・士業・保険外交員・プロスポーツ選手・一人親方などが
挙げられます。


判定基準として
実務上もっとも採用される
消費税の通達で考え見ましょう。


消費税法基本通達1−1−1
(個人事業者と給与所得者の区分)
事業者とは
自己の計算において
独立して事業を行う者をいうから、

個人が
雇用契約又は
これに準ずる契約に基づき
他の者に従属し、

かつ、
当該他の者の計算により
行われる事業に
役務を提供する場合は、

事業に該当しないので
あるから留意する。

したがって、
出来高払の給与を対価とする
役務の提供は
事業に該当せず、

また、
請負による報酬を
対価とする役務の提供は
事業に該当するが、

支払を受けた
役務の提供の対価が
出来高払の給与であるか
請負による報酬であるか
の区分については、

雇用契約
又はこれに準ずる契約に基づく
対価であるかどうかによる
のであるから留意する。

この場合において、
その区分が明らかでないときは、
例えば、
次の事項を
総合勘案して判定するものとする。

(1)その契約に係る役務の提供の内容が他人の代替を容れるかどうか。
(2)役務の提供に当たり事業者の指揮監督を受けるかどうか。
(3)まだ引渡しを了しない完成品が不可抗力のため滅失した場合等においても、
 当該個人が権利として既に提供した役務に係る報酬の請求をなすことができるかどうか。
(4)役務の提供に係る材料又は用具等を供与されているかどうか。

本通達の(1)〜(4)をあえて分解して解説すると、
【1】代替性の有無
・他の人・会社に替えることができる:報酬
・できない:給与

【2】指揮監督の有無
・指揮監督を受けない:報酬
・指揮監督を受ける:給与

【3】報酬請求権の有無
・完成品を引渡さないと請求できない:報酬
・請求できる:給与

【4】材料提供者
・材料の提供を受けていない:報酬
・受けている:給与

【5】作業用具提供者
・作業用具の提供を受けていない:報酬
・受けている:給与


これらは
あくまでも
1つ1つが
総合勘案としての
判定要素となりますが、

通達に明記されており、

また判決・裁決でも
判定基準として
採用されていますので、

まずこの判定要素から
外注費(報酬)か給与かを
考えることになります。


ご相談、ご不安なことが
ありましたら、
お気軽に
中島税理士・行政書士事務所まで
お問い合わせください。

セカンドオピニオンとしても
税務調査対策としても
ご提案を致しております。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

自社を保険契約者とした社員の個人年金保険の課税方法は?【現物給与】

2021-02-14

Q. 当社は、自社を保険契約者とし、役員及び使用人の全員を被保険者とする次の個人年金保険に加入しました。
 15年保証期間付終身年金(定額型)
保険料 月額 180万円 (合計)
年金支払開始年齢 60歳
 この年金保険の受取人は、被保険者である役員及び使用人ですが、課税上どのように取り扱われるのでしょうか。
 
A. 負担する保険料は給与所得として課税することとなります。

港区六本木の中島祥貴税理士事務所
〒106-0032 東京都港区六本木4-1-1 第二黒崎ビル6階
0120-535-114(平日9:00~18:00)

« Older Entries
採用情報

当事務所では、一緒に働く
仲間を募集しております。

個人の確定申告

個人の確定申告はこちら

所長プロフィール

banner

所長:中島祥貴
(なかしまよしたか)

 若さと行動力を武器に、皆様の「ビジネス パートナー」になれるよう努めてまいります。


ご相談窓口
 所得税・法人税・消費税・相続税等に関わる税務全般~決算対策、経営計画の策定、業績管理等の会社経営関連の質問等、お客様の疑問を解決へと導きます。お気軽にお問い合せ下さい。
お問い合わせ先

〒106-0032
東京都港区六本木4-1-1
第二黒崎ビル6階
TEL : 03-3586-1701
FAX : 03-3586-1702
E-mail : info@zeirisi.info


大きな地図で見る

TOPICS一覧
参加団体

チームマイナス6%

中島祥貴ブログ黒字経営成功講座

セミナー情報

Copyright(c) 中島祥貴税理士事務所 All Rights Reserved.